HOME > 会社情報

【会社情報】Information

ごあいさつ

取締役社長・佐野昌司

取締役社長
佐野 昌司

 当社ホームページにお越し頂きまして、誠に有難うございます。
私たちは、プレス部品及び金型・自動化設備メーカーとして、1953年創立以来今日まで、継続して成長して来られましたのも、お客様のご指導、お引立てのお陰と、感謝しております。
 その間、幾多の困難に直面する中、時流に即した対応により、経営基盤の安定を図り、モノづくりの、地道な努力を積み重ねてまいりました。
 私たちは、企画・構想から加工組立まで一貫した生産体制を持ち、万全な品質管理により、信頼性の高い製品を生産しております。「お客様第一」の理念のもと培って来た技術力・現場力を拠り所として、より良い製品を、より早く、より廉価に、お客様にお届けできる様に、日々全社を挙げて精進しております。
 その一方、お客様に、更に満足して頂くために、全ての部門で、日々改善が行われ、技術力・現場力とも、更に、進歩発展を持続しています。

 多くの皆様のサポートにより、2002年タイに現地法人KIT(KYOKUYO INDUSTRIAL THAILAND))を立ち上げ、さらに2012年にはインドネシアにKIIN(KYOKUYO INDUSTRIAL INDONESIA)を立ち上げることができました。今後共、日泰尼の連携により皆様のお役に立ちたいと考えております。

 積み重ねてきた技術を基盤として、旭洋グループの相乗効果により、新たな基幹事業も見据えながら、更なる存在価値を高めていきたいと思っております。
 これからも、「皆様にとって必要な企業」として、継続して存在出来る様に、旭洋グループに関わる、全てのスタッフと共に、歩んでまいります。

このページのTOPへ

経営理念

社訓・「責任の完遂」「規律の厳守」「友愛と団結」
  1. 経営理念
  2.  企業活動が 全ての旭洋工業に関わる人々にとって
    豊かで 価値のある 有意義な成果として 継続的に生み出していける会社であり続ける

  3. 基本理念
  4.  激動の経営環境の中、次の新たな時代における、当社のあるべき姿を常に念頭に、
    地道な日々の活動の積み重ねにより、更なる進化を 継続して実現していく

・

【基本戦略】

  1. 存在価値(Made by“KYOKUYO”)
  2.  当社が多くの人々にとって 欠くべからざる存在として 今後も存続するために
    比類なき独自性と質をものづくりを通して 追求していく

  3. グローバル(大局と足元)
  4.  常に世界を視野に 何処にも負けない 確固たる競争力の維持継続と
    従業員ひとりひとりが ひたむきな 地に付いた 着実な活動を実践していく

  5. 協調と共存共栄
  6.  常に、お客様中心を念頭に、お取引先、地域社会、従業員との
    お互いにメリットのある アライアンスを 継続して具現化に努力を積み重ねていく

  7. 人材育成と活用
  8.  社員ポテンシャルの底上げと秀逸、伝承と進化を目指し
    限りない向上心 自律心 そして夢を持った 力強い集団を形成していく

このページのTOPへ

会社概要

会社名 株式会社旭洋工業製作所(KYOKUYO INDUSTRIAL Co.,LTD.)
本社所在地 〒411-0931静岡県駿東郡長泉町東野50-16
設立 1953年10月1日
資本金 6,000万円
代表者 取締役社長 佐野 昌司
事業内容 自動車部品の製造 冷凍機・給湯器部品の製造
プレス金型の設計製作 自動組立ラインの設計製作
主な取引先 株式会社協豊製作所 太平洋工業株式会社
東芝キヤリア株式会社 トヨタ自動車株式会社
トヨタ自動車東日本株式会社 豊田鉄工株式会社
トヨタ紡織株式会社 日立アプライアンス株式会社
日野自動車株式会社 三菱電機株式会社
ユニプレス株式会社 (50音順)
取引銀行 静岡銀行 スルガ銀行
みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行
関連会社 旭洋商事株式会社
Kyokuyo Industrial (Thailand) Co.,Ltd.
PT.Kyokuyo Industrial Indonesia
このページのTOPへ

国内拠点

本社工場

住所:静岡県駿東郡長泉町東野50-16
TEL:055-986-2221
FAX:055-986-8305
>>MAP
本社写真
  

須山工場

住所:静岡県裾野市須山2810-2
TEL:055-965-1034
FAX:055-965-1036
>>MAP
須山写真

裾野工場

住所:静岡県裾野市葛山1097-1
TEL:055-997-0158
FAX:055-997-2483
>>MAP
裾野写真
  
このページのTOPへ

海外グループ会社

Kyokuyo Industrial (Thailand) Co.,Ltd.

・Website : http://www.kyokuyo-ind.co.th

■Factory1

Address: 700/612 Moo 4 Amata Nakorn Industrial Estate Phase 6
Tumbol Bankao Amphur Panthong Chonburi
20160 Thailand
TEL: +66-3821-0021
FAX: +66-3821-0031
KIT factory1

■Factory2

Address: 700/615 Moo 7 Amata Nakorn Industrial Estate Phase 6
Tumbol Donhualoh Amphur Muangchonburi Chonburi
20000 Thailand
TEL: +66-3804-7006
FAX: +66-3804-7012
KIT factory2

PT.Kyokuyo Industrial Indonesia

Address: Kawasan Greenland International Industrial Center (GIIC), Blok CD
No.03, Kota Deltamas, Desa Pasir Ranji, Cikarang Pusat,
Bekasi, Jawa Barat, Indonesia 17530
TEL: +62-5055-5336/5055-5337
FAX: +62-5055-5338
KIIN factory
このページのTOPへ

沿革

1953年 静岡県三島市宮町に㈲旭洋工業製作所を設立。主として毛糸編物機械を製作。
1956年 静岡県駿東郡長泉町に第一工場を新築し、移転。
1960年 第一工場隣接地700坪を取得し、冷凍機組立工場を新設。
1962年 有限会社より株式会社に改組。自動車部品のプレス、組立加工を始める。
1963年 第二工場を新設し、自動部品のプレス加工及び事務用椅子の組立を行う。
1964年 中小企業庁より合理化モデル工場に指定される。
1966年 第二工場を増設し、スチール家具の製造を始める。
1967年 神奈川県に平塚工場を開設し、板金組立加工および事務用椅子の製造を始める。
1970年 静岡県駿東郡長泉町に第三工場(現三島工場)を開設し、インジェクションフレーム
の製缶、配管を中心として大型板金加工を行う。
1972年 スチール家具部門が独立し、旭洋商事(株)が発足。
1980年 静岡県裾野市に裾野工場を開設し、自動車部品の組立加工を行う。
1981年 平塚工場を閉鎖。
1983年 現在地に本社工場を開設。
1984年 本社への移転を終了。
1987年 三島工場に治工具棟を増設。
1992年 本社に第二工場を増設。
1995年 本社に第三工場を増設。
2002年 旭洋タイランド(KIT)を設立。
2005年 KITの工場を増設。
2009年 KIT新工場(第2工場)を新設。
2011年 須山工場を新設し、三島工場を須山工場へ移転。KITに工機部門を設立。
2012年 旭洋インドネシア(KIIN)を設立。
このページのTOPへ